肛門圧機能訓練

肛門の機能は高齢になるに伴い低下し、いろいろな訴えが多くなってきます。
自分で動かすことのできる外括約筋は、自己訓練をすることによって回復は期待できます。
内括約筋は無意識に(眠っているときでも)緊張していて、便もれを防いでいます。この筋肉は自己訓練では回復できません。
肛門と直腸は陰部神経と自律神経により支配され、両者の共同運動により複雑に直腸肛門機能がコントロールされている。陰部神経障害や、自律神経障害がなければ回復可能。

 

機能訓練の種類

(1) 骨盤底筋体操
(2)バイオフィードバック訓練
(3)低周波治療

内・外肛門括約筋の双方の機能を回復させるには、低周波の電気刺激が有効です。

 

肛門機能検査

特殊な装置で測定して、パソコンで解析します。

最大静止圧(MRP)
主に内肛門括約筋の力を反映し(80%)、肛門の閉鎖状態がわかる。
MRPは50-100mmHgくらいで、直腸脱では低く、内痔核、裂肛や狭窄で高くなる傾向がある。
MRPが低いと、しらないうちに便が漏れてしまう。
最大随時収縮圧(MSP)
外肛門括約筋の機能を反映し、MSPは80-200mmHgくらいである。
MSPが低下すると、便意を感じてから、トイレまで間に合わない(切迫性の失禁)。

検査の必要な方

1) ガスが漏れる、便が漏れる(肛門の締りが悪い)
2) 残便感、排便困難
3) 直腸脱(手術前後)
4) 直腸痛
5) 肛門の変形や括約筋損傷
6) 肛門狭窄

ページのトップへ